M&Aニュース

会社売却・事業譲渡の背景とは?M&Aによる売却の理由も解説

2024.04.11M&A

M&A(合併・買収)は、現代のビジネスシーンにおいて、経営戦略の重要な手段の一つとして位置づけられています。会社を売却したり、事業を譲渡することは、経営者にとって非常に大きな決断です。では、経営者はどのような状況や理由で、このような選択をするのでしょうか?

この記事では、会社売却・事業譲渡の背景と、M&Aを通じた売却の理由について詳しく解説します。

 

経営者が会社の売却・事業承継を検討する理由とは?

経営者が会社の売却や事業承継を検討する大きな理由は、事業の持続可能性と後継者問題です。多くの中小企業や家族経営の会社では、後継者不足に直面しています。また、経営環境の変化に対応するための資本力や技術力の不足も、売却や譲渡を考える大きな要因となります。

 

M&A・会社売却・事業譲渡のメリットとは?

M&Aや会社売却、事業譲渡には多くのメリットがあります。それは、資本の強化、新しい市場への進出、技術や人材の獲得、そして経営資源の最適化など、企業成長の加速につながる可能性があるからです。また、不採算部門の切り離しによるリスクの低減や、経営の効率化も期待できます。

 

経営者がM&A・会社売却・事業譲渡を決断する理由(売却側)

後継者の不在が原因の売却

多くの家族経営の企業や中小企業では、経営を継ぐ後継者が不足しているのが現状です。経営者が後継者を見つけられない場合、事業を継続させるための最善の策として、外部の企業に売却する道を選択することがあります。このような売却は、従業員の雇用を守り、事業のブランドや価値を保持するためにも重要です。

 

引退後の生活費に充てるための売却

経営者が引退を考えたとき、保有する企業を売却し、その収益を引退後の生活資金に充てることが一つの選択肢となります。特に長年事業を経営してきた方々にとって、事業の売却は、自身と家族の将来を支えるための確実な方法となることがあります。

 

高齢による健康問題が原因の売却

経営者が高齢になり、健康上の理由で事業の日々の運営が難しくなった場合、企業を売却することが現実的な解決策となり得ます。

高齢になればなるほど健康上のリスクは高まるため、事業を持続させるために早めに準備しておく方が増えています。

 

早期リタイアを目指すための売却

一部の経営者は、早期リタイアを実現するために、自らの事業を売却することを選択します。経営者はプライベートの時間を犠牲にして仕事に打ち込んできた方が多く、売却による資金確保は早期リタイアを実現し、家族や大切な人と過ごすための資金確保の手段となります。

 

転居に伴う売却

家族の介護、学業のサポートなど転居や移住を理由に、経営者が事業から手を引き、会社を売却することもあります。

土地に根ざしたビジネスを行っており、経営者がその土地から離れるとマネジメントが出来ない場合に有効な手段となります。

 

新ビジネス展開のための会社売却

新たな事業分野への集中を目的として、既存の事業を売却することがあります。成長が見込めない分野からの撤退や、成長が見込める分野への新規参入・集中投資のための資金確保につながり、企業が成長するための重要なステップになります。

 

経営に限界を感じたことが原因の売却

経営者が自らの経営方針に限界を感じ、事業の新たな方向性を模索するために、経営権の譲渡を選択することがあります。このような売却は、企業の再生や成長の新たな機会を創出します。

 

経営者がM&A・会社売却・事業譲渡を決断する理由(買収側)

新規事業への参入を目指すための買収

企業が新しい市場に進出したり、新規事業を立ち上げたりする際、買収は重要な戦略の一つです。既存の企業や事業を買収することにより、事業の立ち上げ期間を大幅に短縮し、市場への進出を加速させることができます。また、買収により得られる既存の顧客基盤やブランド力、知識や技術は、新規事業の成功確率を高める重要な要素となります。これにより、企業は競争の激しい市場での優位性を確立し、成長機会を最大化することが可能になります。

 

既存事業の強化を目指すための買収

企業が既存の事業を強化し、市場での競争力を高めるためには、買収が有効な手段となることがあります。関連する事業や技術を持つ企業を買収することで、事業の製品ラインを拡大したり、研究開発能力を強化したりすることができます。さらに、競合他社との差別化を図ることが可能になり、市場シェアの拡大や顧客サービスの向上が実現します。このような買収は、既存事業の成長を促進し、長期的な安定性を確保するための戦略的選択となり得ます。

 

スケールメリットの獲得を目指すための買収

規模の経済を実現するための買収は、コスト削減と効率化の両方を目指す企業にとって重要な戦略です。他社を買収することにより、生産能力の増強、原材料の大量購入によるコスト削減、研究開発やマーケティングの効率化など、スケールメリットを享受することができます。これにより、企業はより低いコストで製品やサービスを提供することが可能となり、競争上の優位性を確立することができます。また、大規模な事業展開により、新たな市場機会の創出や、事業の多角化にもつながり、企業成長の加速に貢献します。

 

M&A・会社売却・事業譲渡を行う理由のまとめ

会社売却や事業譲渡は、多様な理由から選択されます。経営戦略の一環として、または個人的な事情により、経営者はこの大きな決断に至ります。M&Aを通じて新たな成長機会を探求することは、現代ビジネスにおける重要な選択肢の一つです。

M&Aに関するお問い合せはこちらから

TOPに戻る